http://museum.hiroshima-cu.ac.jp/index.cgi/ja

Hiroshima City University Art Museum







キャンパスメンバーズ
ひろしま美術館
広島県立美術館

いちだい知のトライアスロンとは


プリラジュネス(修了制作優秀作品)一覧 *収蔵作品ではありません

いちだい知のトライアスロン
広島市立大学
広島市立大学附属図書館
広島市立大学語学センター
広島市立大学facebook




Home

  新しい先生がやってきた!!

 芸術学部 新 任 教 員 展 2017

 2017(平成29)年10月9日(月祝)〜10月22日(日)
 会場 広島市立大学 芸術資料館5階展示室   * 入 場 無 料 *
 主催 芸術資料館

□ ギャラリートーク 10月9日(月祝)13:00〜14:00頃
□ 出品作品
荒木亨子 「卓上の花瓶」  2015 日本画 ほか
向川貴晃 「PREDATOR GIRL」 2017 油絵  ほか
青木伸介 「散歩の時間」  2016 漆工  ほか
古堅太郎 「Faith」    2017 インスタレーション ほか

          * 展示作品は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

荒木亨子「卓上の生物」2013

向川貴晃「審判」2010

青木伸介「理想の場所」2014

古堅太郎「Faith」2017














  日本画制作の現場III

 -國司花子・室井佳世 展-

 2017(平成29)年10月27日(金)〜11月12日(日) 10:00〜17:00
 会場 広島市立大学 芸術資料館5階展示室   * 入 場 無 料 *
 主催 芸術学部日本画研究室

 招聘作家: 國司 華子 /東京藝術大学大学院日本画保存修復非常勤講師、
                  多摩美術大学客員教授、日本美術院同人
         室井 佳世 /創画会准会員


 ■いちだい知のトライアスロン講座
 座談会
 日時:11月10日(金)18:00〜19:30
 場所:広島市立大学講堂小ホール  *入場無料* *事前予約不要*

 【パネリスト】國司華子(招聘作家)、室井佳世(招聘作家)、
        藁谷実(本学教員)、今村雅弘(本学教員)、
        前田力(本学教員)、荒木亨子(本学教員)


 














 本展は平成29年度特定研究・先端学術研究『日本画制作の現場掘宗崛郎遏廚砲弔い董日本画の制作過程及び作家の言葉からの考察―』における実践的な試みとして開催する展覧会。現在国内第一線で活躍する日本画家の作品ならびにその制作過程で生み出される実験資料を通じて、絵画における「創作」という営為について、包括的・体系的に迫ることを目的としています。 
 昨年に続き第3回目の企画展となる今回は、東京を中心に活動する日本画家・國司華子氏、室井佳世氏の二名に焦点を当て、それぞれの日本画作品を中心に、スケッチやエスキース、下図などを一堂に展示、また日本画制作の現場となるアトリエ風景を写真パネルで紹介します。
 また併催企画として、両作家を迎えての座談会を開催します。展覧会に出品している作品の解説や、各々の日本画制作について日常的にどのように考え、また若い頃どのように考えていたかなどについて、本学日本画専攻教員との対談形式にてお話を伺います。