http://museum.hiroshima-cu.ac.jp/index.cgi/ja

Hiroshima City University Art Museum







キャンパスメンバーズ
ひろしま美術館
広島県立美術館

いちだい知のトライアスロンとは


プリラジュネス(修了制作優秀作品)一覧 *収蔵作品ではありません

いちだい知のトライアスロン
広島市立大学
広島市立大学附属図書館
広島市立大学語学センター
広島市立大学facebook




Home


  クサムラマッドラットの

 これが欲しかったんだろ!!展

 2017(平成29)年11月21日(火)〜11月27日(月) 11:00〜19:00
 会場 広島市立大学 芸術資料館5階展示室   * 入 場 無 料 *

■ 作家によるギャラリートーク&ディスカッション  11/21(火)17:00〜

   






ハンマベイビー 2016      オペオセチ 2017


 クサムラマッドラットは美術学科彫刻専攻の学生3人とデザイン工芸学科現代表現の学生1人の計4人で構成されたアーティストグループで、主に広島を拠点として活動しています。芸術資料館で学生が主体となって個展を行うのは今回が初めてということもあり、これまでの広島のアートシーンに新しい風穴をあけるような、力作ぞろいとなっています。
 展示される作品は、高さ約4メートルの巨大な彫刻から映像、インスタレーションまでジャンルはさまざまで、どれも鑑賞した人々に「こんな作品を待っていた!」と思わせるようなメッセージ、コンセプトが込められています。この展示がアートに関わる人や一般の人々まで幅広く楽しんでいただけるものになるよう企画しています。


■ 展示作品

【立体作品】 「ハンマーベイビー 〜ちょうろう流し〜」
       2016年 175× 90× 60 cm 映像  発泡スチロール、蜜蝋、鉄、など

【インスタレーション】 「オペオセチ」
       2017年 215× 430 × 330 cm   木材、金属、FRP、布、ラテックス、など

                                   ほか約5点
                 *予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

 ●クサムラマッドラット
 大村 知空(おおむら ちから) 
 黒崎 矛 (くろさき ほこ)
 宮上 富弥(みやがみ とみや)
 山村 一輝(やまむら いっき)

 ●略歴
 2016年 7月 広島市立大学芸術学部の学生4名で結成
 2016年 12月 ひろしま夜街芸術祭「ナイタート」にて大賞受賞
 2017年 2月 広島芸術センター「新世界へ」展に出展
 2017年 7月 ギャラリーコアにて展示





  内側が外側をつくる

 ―浅埜水貴・大庭孝文 日本画展―

 2017(平成29)年12月5日(火)〜12月10日(日)
       10:00〜18:00
 会場 広島市立大学 芸術資料館5階展示室   * 入 場 無 料 *


  ■ 浅埜水貴と大庭孝文のギャラリートーク  12/5(火)14:00〜14:30


 芸術学研究科博士後期課程(絵画専攻・日本画)在籍の浅埜水貴・大庭孝文の作品約20点を展示します。
 浅埜は動物を主なモチーフとして扱い、象徴的に表現しています。本展覧会では屏風作品や、天然記念物に指定されている日本鶏を描いた新作「日本鶏図」を展示します。
 大庭の近作「場の感触」シリーズでは、日常の景色の中に存在する場の犁ぁ蹐鯢集修靴討い泙后その場でしか感じることの出来ない犇間の感触″を大切にしています。
 絵画の「内側・外側」というキーワードをもとに作品発表を行います。

     








無意識の集積 2015 大庭孝文     月遊日 2017 浅埜水貴


浅埜水貴
芸術学研究科博士後期課程
日本美術院院友
NHK文化センター広島教室日本画 講師

「止メ箱」2017 「月遊日」2017 ほか


大庭孝文
芸術学研究科博士後期課程
創画会会友
筆の里工房日本画教室 講師

「無意識の集積」2015 「植物」2017  ほか




  瑛九の銅版画作品を多数公開

 瑛九 版画展 -万華鏡-

 2017(平成29)年12月14日(木)〜12月23日(土)
       10:00〜17:00  土日は16:00まで
 会場 広島市立大学 芸術資料館5階展示室   * 入 場 無 料 *
 主催 芸術資料館

 ■ いちだい知のトライアスロン講座&芸術鑑賞
   ギャラリートーク  12/22(金)16:20〜17:00
   講師:釣谷幸輝(版画家、芸術学部講師)
  
 瑛九(本名 杉田秀夫1911-1960)はフォト・デッサン、銅版画(エッチング)、リトグラフ版画、油絵と作品を残していますが、戦後から、晩年の油絵に没頭するまでの期間に多数制作された銅版画(エッチング)を、芸術資料館の収蔵作品から約70点公開します。
 これらの銅版画の制作は、デモクラート美術協会を結成するなど一番精力的に活動した時期と重なり、瑛九の理想ともいえる自由な雰囲気と、超現実主義的な作風が作品に見てとれます。モノトーンの線が織りなす、めくるめくような瑛九の世界をご堪能ください。


     










  愛の家 1951       ヴァイオリン 1951