http://museum.hiroshima-cu.ac.jp/index.cgi/ja

Hiroshima City University Art Museum







キャンパスメンバーズ
ひろしま美術館
広島県立美術館

いちだい知のトライアスロンとは


プリラジュネス(修了制作優秀作品)一覧 *収蔵作品ではありません

いちだい知のトライアスロン
広島市立大学
広島市立大学附属図書館
広島市立大学語学センター
広島市立大学facebook




今年度の展覧会

 芸術資料館 新収蔵作品展2018

  平成30(2018)年 4月2日(火)〜4月15日(日)

 広島市立大学芸術資料館が平成28年度に収集した作品(平成29年度 卒業修了制作の買上作品、購入作品、移管作品)など9点を展示します。
    詳しくはこちら>>


 彫刻の輪郭 広島市立大学彫刻専攻・研究室 教員作品展

  平成30(2018)年 6月1日(金)〜6月17日(日)

 近年、彫刻の表現領域は大きく広がっています。教員それぞれの作家としての立ち位置を作品によって現すことによって、「彫刻の輪郭」を探る機会にしたいと思います。
    詳しくはこちら>>


 卒業・修了優秀作品展2018

 平成30(2018)年 7月23日(月)〜8月9日(木)

 1997年の第一期生から2017年度第21期生の卒業制作買上げ作品および、修了制作買上げ作品から約20点を厳選公開します。先輩たちの佳作・力作を直接見ることで、卒業生の実力を感じることができる絶好の機会となります。
    詳しくはこちら>>


 芸術学部 新任教員展2018 古賀くらら 色色

 平成30(2018)年 10月8日(月・祝)〜10月21日(日)

 和紙に墨、岩絵具、土絵具、染料、箔などを用いた日本画作品は、愛着を感じさせる情緒性と伝統的な題材であっても新しい世界観を見ることが出来ます。写生や研究資料も展示します。材料技法に関する彩色例や絵具等の研究資料も展示します。
    詳しくはこちら


 日本画制作の現場IV −菅原健彦展−

  平成30年(2018)10月27日(土)〜11月11日(日)

 国内外で活動中の菅原健彦氏の巨大作品を中心に、スケッチやエスキース(下絵)、下図などを一堂に展示、また、アトリエ風景を写真パネルで紹介します。 エネルギー漲る筆運びや迫力の大画面構成をこの機会に是非ご堪能ください。


 Or it may becine non-art "アートでは無いものになるのか、あるいは、"

  平成30(2018)年11月17日(土)〜11月22日(木)

 学生企画展として、現代表現領域博士前期課程の小松原裕輔が日常的に使用されている、身の回りのものに新しい切り口と視点を与えることで、アートかあるいはアートでは無いものになるのかを提示します。人間とモノの間の"なにか"が発信する作品展です。