http://museum.hiroshima-cu.ac.jp/index.cgi/ja

Hiroshima City University Art Museum







キャンパスメンバーズ
ひろしま美術館
広島県立美術館

いちだい知のトライアスロンとは


プリラジュネス(修了制作優秀作品)一覧 *収蔵作品ではありません

いちだい知のトライアスロン
広島市立大学
広島市立大学附属図書館
広島市立大学語学センター
広島市立大学facebook




平成25(2013)年度の展覧会

  新収蔵作品展

  2013(平成25)年4月2日(火)〜4月15日(月)

 昨年度に新しく収蔵された8点を展示。展示作品は、H24年度卒業・修了生の作品の中から買上げられた作品4点と、移管作品、寄贈作品等を公開しました。
   詳しくはこちら>>
   作品紹介コンテンツはこちら>>


  卒業・修了制作優秀作品展I

  2013(平成25)年6月21日(金)〜7月4日(木)

 1994年の開学当時から、昨年度16期生までの卒業制作と修了制作の中から、厳選した芸術学部の全ての分野の作品が並び、興味ある分野の作品を見ることができました。大学見学と合わせて、市大生の実力を間近に触れる機会となりました。
   詳しくはこちら>>


  卒業修了制作優秀作品展II

  2013(平成25)年7月29日(月)〜8月4日(日)

 1994年の開学当時から、昨年度16期生までの卒業制作と修了制作の中から、厳選した芸術学部の全ての分野の作品が並び、興味ある分野の作品を見ることができました。大学見学と合わせて、市大生の実力を間近に触れる機会となりました。

   詳しくはこちら>>


  新任教員展

  2013(平成25)年10月21日(月)〜10月27日(日)

 近年、芸術学部に就任された先生方の作品、合わせて約10点を展示しました。新任の先生方の作品を拝見出来る貴重な機会となりました。
   詳しくはこちら>>


  堀研 退任記念展

  2013(平成25)年11月5日(火)〜11月11日(月)  7日間

 平成26年の3月をもって、本学での20年間の教員生活を終え、退任する堀教授のこれまでの業績を振り返ります。厳しい自然の中で生きる人々や、年月を経ても力強く生きる樹木をテーマに取り組んできた堀教授。近年はデッサンの展覧会も精力的に開催しています。今回の退任展には、新たに取り組んだ新作を含む12点を展示しました。
   詳しくはこちら>>



  若山裕昭 退任記念展

  2013(平成25)年11月15日(金)〜11月21日(木)  7日間

 平成26年の3月をもって、本学での20年間の教員生活を終え、退任する若山教授のこれまでの業績を振り返りました。女性の清らかさや優しさ、官能美などさまざまな面を映し出した女性像が印象的な金工作品や、公共のモニュメントなどを模型やパネルで紹介しました。
   詳しくはこちら>>



  キッズキャパス2013 ひらめき

  2013(平成25)年11月29日(金)〜12月3日(火)

 本学芸術学部の学生が「ひらめき」をテーマに、立体造形や絵画などの分野で子どもたちの指導や共同制作をするワークショップを開催しました。また、8月に開催した公開講座「キッズキャンパス2013」で子どもたちが制作した作品やプログラムの様子の写真を展示しました。
   詳しくはこちら>>



  時を超えて掘-未来へ繋ぐ模写の可能性-

  2013(平成25)年12月4日(水)〜8日(日)
  本展は、広島市立大学芸術学部日本画研究室が平成15年度から平成24年度まで継続的に行ってきた特定研究「模写による県内文化財研究と保存継承」の第3回成果報告展。古典材料の重層的な輝き、当時の絵師の筆致とそこに込められた精神性を読み取り、一つ一つ地道な手仕事によって模写を完成させました。絵の具の持つ重厚な美しさや、時代を超えて受け継がれる古典絵画の息吹を披露。今回は平成22年度から平成24年度にかけて新たに制作された3点を含む、23点を一堂に展示しました。
   詳しくはこちら>>



  友安一成 退任記念展

  2013(平成25)年12月11日(水)〜12月17日(火)  7日間

 市立大での20年間の教員生活をH26年の3月をもって終えられる友安教授のこれまでの業績を振り返りました。精密で精巧な緊張感を保った婦人像や草花のテーマが印象的。会場には、作品約15点を展示しました。
   詳しくはこちら>>


  平成25年度博士課程後期本審査作品展示 フォルタニエ・クラウディア(造形計画領域、漆研究室)

  2014(平成26)年1月8日(水)〜9日(木)10:00〜17:00

 プレゼンテーション 9日(木)9:00〜
 「ドイツにおける漆芸の発展と普及」


  平成25年度博士課程後期本審査作品展示 若鍋翠(絵画領域、日本画研究室)

 2014(平成26)年1月10日(金)〜1月13日(月)10:00〜17:00
 プレゼンテーション 13日(月休)13:00〜
「阿弥陀来迎図と壇王法林寺所蔵『熊野権現影向図』の図様と描法の関係について」


  平成25年度博士課程後期本審査作品展示 中村有丞(油絵)

 2014(平成26)年1月15日(水)〜1月17日(金)初日13:00〜17:00 10:00〜17:00
 プレゼンテーション 17日(金)13:00〜
 「殿敷侃―絵画からインスタレーションへの展開―」



  第17回広島市立大学芸術学部 卒業・修了作品展

  2014(平成26)年3月5日(水)〜3月9日(日)10:00〜17:00

 今年度に卒業修了する17期学生の学部4年間と12期修了生の博士課程前期修士2年間の集大成の展覧会。101人による、161点を公開します。広島市立大と広島市現代美術館の2会場です。卒業年次の集大成となる卒業・修了作品の展覧会。日本画、油絵、彫刻、デザイン、工芸、現代表現の作品を見ることが出来ました。
  詳しくはこちら>>